FC2ブログ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BrainspottingのPhase1トレーニング終了:その後の評判

  • 2014/10/01(水) 12:43:30

 2014年9月20日−21日に日本で初めてのBrainspottingの公式トレーニングが開催されました。
講師は、David Grand博士でBSPの開発者ご本人によるものでした。

 参加者は、約60名。臨床心理士や医師を中心に、その他の対人援助職の方も交えてのWSとなりました。
トレーニングが終了して、翌日からすでに、臨床場面でその効果を感じている方が多数おり、さらに学びを深めたいという声がたくさん寄せられました。

 今後、さらに日本でPhase2,3とトレーニングを続けて行きたいと思っています。
また、今回参加できなかった方の中にも、もう一度、Phase1を受けたいという方も多数いれば、Phase1を再度、開催したいと考えています。

 今回、日本にこの新しい心理療法であるBSPを紹介できたことを嬉しく思っています。

スポンサーサイト

  • 2014/05/11(日) 23:26:56

 前回ご紹介していた新しい心理療法であるBrainspotting(ブレインスポッティング)の
専門家向けのトレーニングは、予想していたよりも早く定員に達し、締め切りがおわりました。

 日本の臨床心理士等の心理士・医師の方にたくさん参加していただけることとなりました。

日本の専門家の間でも、この効果のある心理療法「Brasinspotting(BSP)」が広がっていくことを願っています。

また、日本Brainspotting協会という団体のHPも作成しました。

ご関心あるかたは、ご覧下さい。

日本Brainspotting協会
http://www.brainspotting-japan.org/

日本Brainspotting協会

  • 2014/05/03(土) 16:02:07

 やっと、日本Brainspottng協会のHPができました。
EMDRとSEの影響を受けつつ、David Grand博士によって開発されたサイコ・セラピー、Brainspotting(ブレインスポッティング)日本で初めての公式トレーニングを控え、HPを作成しました。

 ご関心のある方は、ご覧下さい



http://www.brainspotting-japan.org/

2年ぶりに記事を書きます

  • 2014/04/20(日) 13:37:00

 2年ぶりに記事を書きます。静岡を転出して、群馬の大学で1年勤務し、現在、東京未来大学で勤めています。

 臨床としては、個人的臨床として、紹介の方や一部の方のみ続けてきてはいましたが、新たにクライエントさんは特に取らずにやっていました。

 東京に戻ってきたので、また、再開をしたいと思っています。
埼玉(越谷周辺)、千葉よりの東京にお住まいの方は、お問い合わせくだされば、ご相談に応じます。

 また、現在、EMDRに匹敵する心理療法で、まだ、十分日本に紹介されていないBrainspotting(ブレインスポッティング)という心理療法を日本に紹介するため、開発者のDavid Grand博士とやりとりをしています。

 日本で初めてのお披露目を、現在の勤務校で行いましたが、関心を持って下さっているかたは、すでに90名を越しており、当日会場にも50人くらいいらっしゃっていました。こちらは、専門家向けですが、近日中に、日本初のWSのご案内をするつもりです。

 FacebookのHPは、すでに立ち上げてありますが、このHPも今後立ち上げていく予定です。
ご関心ある方は、ご覧下さい。
 https://www.facebook.com/Brainspotting.japan

 非常に、パワフルで、安全な心理療法として、すでに、Brainspottingは、世界中で5000人以上のセラピストがトレーニングを受けています。

 更新は、ゆっくりとなるかと思いますが、また、ご覧頂ければ幸いです。
5月には、次の更新をするつもりです。



 

自分のブログの記事をみたら:ブログとSNSと精神的健康

  • 2012/03/06(火) 00:37:33

 今日は、3月5日。静岡から離れる時間が刻々と近づいています。そんなわけで、なんと久しぶりに自分のブログをみたら広告が! 1カ月以上更新されていないと表示されると言うことでした(恐らく、この記事を投稿すると消えるわけですが)。

 ようするに、ブログの更新をしばらくしていなかったのでこうした表示になったということですね。FBの更新は結構しているのですが、こちらは友達限定公開にしていますので、あまりわからないかもしれませんが。

 それにしても、こうしたブログやFacebookなどのSNSは、人の心理に何らかの作用があるわけですが、定説はまだ十分ではないでしょうね。例えば、Facebookの平均友達の人数は130~150人って話しですが、それは実際の友達よりもすごく多い数でほとんどがあったこともないって話しですが、友達かどうかはさておき、顔の広い人なら、100人くらいは顔見知りでFacebookだったら友達もつくれそうだけどな~ また、日本人は顔の知らない人を友達にするのはいやだろうな~とか・・推測でもいろいろ考える。

 特に、関心のあるのはメンタルヘルスのことで、

 「ブログへの書き込みは10代の若者にとって精神的治療効果がある」という研究結果
   http://rocketnews24.com/2012/02/01/177677/

という記事がある一方、

  フェイスブックの利用が中学生の心理障害に繋がる可能性が!!
   http://commonpost.boo.jp/?p=8207

 などともある。 

   特に、害については、

1.フェイスブックを頻繁に利用する10代の若者はナルシズムが助長される
2.フェイスブックに強い影響を受けている10代の若者は反社会的行動、躁状態及び攻撃的になるなどの精神障害を患う
3.小学生~大学生までが15分に1回はフェイスブックを確認する
4.フェイスブックの過剰利用者は学生に必要な読書をしなくなる

 とあるが、自尊心が低い人間にとって、FBの理由は自信を保つ道具にもなるのではないかと思われもするが、現実世界に適応できないと結局、バーチャルな世界に逃げ込んでしまう場合もあるとも思う。相談しにくいことを匿名で、書くことにはもしかしたら(というより書簡法などでかんがえれば)メンタルヘルスにも良いでしょうが、やはり、現実とのバランスが重要だということだろうか??

 思いつくままに書いてしまいましたが、読まれた方はどのように考えますか? 

 では、また。

カウンセリング カウンセリングルーム・メンタル系サイト検索『こころのWeb.com』 占い師・スピリチュアル・癒し系サイトの検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。